鵜沢が磯野

ユーズドカーを売ったり買ったりする際には、いくつかの法則があります。たとえば、特に基本的なところでは、ユーズドカーを貰う時折なるたけ良いクルマをとことん安く買う、そして、譲る時折マイカーをどんどん激しく譲るというのがなんだか法則にあたることになるわけですが、中には、何かとプロフェッショナルなキャラクターを用いてユーズドカーを売買するということもあるようです。

こんなキャラクターに関する問い合わせもいくつか寄せられることがありますが、たとえば、手ぬぐい商売とVワード商売の高低とは何か?といった問い合わせはけっこう多いだ。そこで今回は、手ぬぐい商売とVワード商売の高低とは?という題目でお話していきたいと思います。手ぬぐい商売とVワード商売の高低を論じるためにも、まずは手ぬぐい商売とVワード商売のそれぞれの講評を簡単にしておきたいと思います。

手ぬぐい商売というのは、簡単に言ってしまえば、ニューモデルを貰うときに、近頃乗っているクルマをニューモデルのディーラーで下取りもらい、その下取り額面を、ニューモデルを貰うための内金に割りふるといったキャラクターになります。手ぬぐい商売は、どちらかといえば、現在ではいまひとつ採用されない手法であったといえるでしょう。もちろんニューモデルに限らず、ユーズドカーを貰うという場合にも、かつてはこういう手ぬぐい商売というキャラクターを採用する個人が多かったです。

これに対して、ビデオワード商売というのは、近年の主流になってきている手法で、多くの人が採用する所見かただ。如何なることかというと、近頃保有しているマイカーを、いわゆるユーズドカー買取業者に売り出し、その金額を元手にして、他社からニューモデルなりユーズドカーなりを購入するというキャラクターになります。

ですから、手ぬぐい商売とVワード商売の高低とは、簡単に言ってしまえば、1つの企業で商売が簡略してしまうのが手ぬぐい商売であり、売りの症例と買いのタイミングでは企業が銘々異なるという構図が、ビデオワード商売ということになります。ただ、これは飽くまでもうわべ上の高低であり、本質的な違いは別のところにあります。

何故現在は手ぬぐい商売ではなくVワード商売のほうが人気になっているのかというときについて考えてみるとわかりやすいのですが、これは何より、下取りよりもユーズドカー買取業者のほうが厳しくマイカーを買い取ってくれると言うところにその考えが集約されると考えて問題ないでしょう。おんなじ譲るなら、多少なりとも激しくマイカーを売りたいというユーズドカー商売の法則を採用しただけのことですから、無論ビデオワード商売のほうが強みが大きくなるのです。

これが、手ぬぐい商売とVワード商売の高低だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です