田部井だけど竹山

ユーズドカーを売り渡すというときに何となく気になるのが、「正真正銘コンポーネントは残しておくべきか?」というところになるでしょう。基本的には、正真正銘コンポーネントは記したとおり並べるというのが、車を多少なりとも激しく売る際の定石とも言われていますが、しかし中には、残しておいてもどうしても追い風ジャッジにはならない、と言うか、残しておかなくても短所ジャッジにはならないスポットもあります。今回はそんな正真正銘コンポーネントの対処に関してお話していきたいと思います。

正真正銘コンポーネントは残しておくべきか?ということですが、シンプルに考えたときに、銃声コンポーネントを残しておくことによってなんらかのオマケが付くのであれば、その正真正銘コンポーネントは残しておくべきです、ということになります。逆に、定石柄は残しておいたほうが良し正真正銘コンポーネントであったとしても、残して老いたところで最初銭のうまみも生まないという結果あれば、残しておかなくても良しということになります。多分これについては、考えてみれば勿論と言えることになるでしょう。

たとえば乗り物見回りスポットを例に挙げて説明するとわかりやすいと思うのですが、アルミホイールが正真正銘コンポーネントです場合には、記したほうが良しといえるでしょう。純正のアルミホイールであれば、これはそれなりのうまみを生むことになります。しかしスチールであれば、基本的には正真正銘コンポーネントであったとしても、おそらくうまみは作り上げませんので、残しておいても意味はないと考えるべきでしょう。

他に、残しておくことによってうまみを差し出す正真正銘コンポーネントは多々いうと、マフラー、オーディオ、乗り物見回りなど、作戦を付け加えがちなスポットに関しては、いよいよ正真正銘コンポーネントは単に残しておいたほうが良いということになります。もちろん個別スポットに交換してあるのなら、それをもっと正真正銘コンポーネントにつけかえて・・・といった面倒な工夫は張り付ける必要はありません。個別スポットがついていたとしても、正真正銘コンポーネントは器機としてジャッジに引っ掛けるという定説で可。

ただ、個別スポットは初々しい自動車で必要になるという場合には、恐怖でも再度個別スポットを取り除きて正真正銘コンポーネントを塗り付けなおしてジャッジに引っ張るという工夫が必要になります。やっぱり基本的には、正真正銘コンポーネントのほうが平坦な見積りが提示されることになると考えておく必要があるということになるでしょう。

正真正銘コンポーネントは残しておくべきか?というヒアリングが多いのは、やっぱ個別スポットにはどのくらいのうまみがあるのかというところが問に繋がるのでしょう。ただ、基本的には、個別スポットは正誤がはっきりするので、あまり追い風ジャッジにはならないということに注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です